Sayuri Kato - Pianist

Sayuri Kato wurde 1977 in Okayama/Japan geboren.
Ihre musikalische und kreative Begabung wurde schon früh von ihren Eltern (Vater: Gitarrist, Musiklehrer, Mutter: Sängerin, Klavier und Gesangslehrerin) gefördert.
Mit 3 Jahren begann Sie Klavier zu lernen und Ihr erstes Auftreten war im Alter von 4 Jahren.
Sie lernte Klavier bei Fr. Hiroko Takeda, Fr. Tazuko Ashida, und Hr. Osamu Yanai.
Mit 8 Jahren begann sie neben dem Klavier Hammond - Orgel zu lernen und wurde darin von Fr. Chizuru Kato und Hr. Masazumi Noda unterrichtet.
Gewinnerin des Hammond - Orgel Wettbewerbs 1987, '88, '89 in Japan.
1990 wurde sie zum Hammond Orgel Festival in Okayama eingeladen.
1994 und 1995 absolvierte sie Klavier Meisterkurse in Wien und nahm Privatstunden bei Prof. Noel Flores und Prof. Alexander Jenner.
1995 folgte ein Konzert im Rahmen der Okayama City Förderung (Young Artist Concert) in Japan.
1996 absolvierte sie die Okayama Asahi High School, übersiedelte nach Wien, nahm Bösendorfer Meisterkurse (1997, 1998, 2000) und Privatunterricht bei Prof. Roland Batik.
1997 - 2003 studierte sie Klavier (Klassik-Konzertfach) bei Frau Mag. Miyuki Schüssler am Franz Schubert Konservatorium und Gustav Mahler Konservatorium.
2002 - 2008 studierte sie Jazzklavier bei Herrn Paul Urbanek am Gustav Mahler Konservatorium. 2008 absolvierte sie an diesem Konservatorium ihre Jazz Diplomarbeit mit Auszeichnung.
Seit 2008 ist sie als Jazzpianistin tätig und komponiert eigene Stücke.
Im April 2010 hat sie ihre Piano Solo Score "No More Party", "One More Party" und Band Score "No More Party" publiziert.
( Music - Bell Musikverlag, Japan)
Im Dezember 2012 hat sie ihre Piano Score (for 4 hands) "Fantasie-1-" publiziert.
( Music - Bell Musikverlag, Japan)
Im Februar 2016 hat sie ihre Piano Score (for 4 hands) "Fantasie-1- (full arranged ver.)" publiziert. ( Music - Bell Musikverlag, Japan)
Im Februar 2016 hat sie ihre Piano Score (for Keyboard/Lead and Piano) "S" publiziert.
( Music - Bell Musikverlag, Japan)
Sie spielt zahlreiche Konzerte von Klassik, Wiener Lieder, Jazz, Pop, Blues, Bossa Nova, Latin, Funk bis Worldmusic im internationalen Kulturbereich.
Derzeit lebt sie in Wien als selbstständige Pianistin, Keyboarderin, Komponistin, Arrangeurin, sowie Notensetzerin und Korrepetitorin. (2018)

Sayuri Kato Biography (Deutsch-pdf)

Generic placeholder image

加藤さゆり - ピアニスト

ジャズピアニスト・キーボーダー・作曲家・編曲家

1977年 岡山県生まれ
3歳 - ピアノを始める
4歳 - 杉谷昭子氏の公開レッスンを受講

8歳頃 - ハモンドオルガンを始める
1987年・1988年・1989年
日本ハモンドオルガンコンクール入賞・優秀賞受賞
ハモンドオルガンフェスティバル等に出演

1994・1995年 オーストリア/ウィーンに短期留学
1995年 岡山若い芽のコンサートに出演
1996年 岡山県立岡山朝日高等学校卒業後渡墺
1997年 ウィーンフランツ・シューベルト音楽院ピアノ演奏科入学
2001年 ウィーングスタフ・マーラー音楽院に転入
2002年 同音学院ジャズピアノ科編入
2008年6月 同音楽院ジャズピアノ科ディプロム取得、最優秀で卒業
同年ディプロム試験のメンバーでリーダーバンドShiKisaiを結成。
2010年よりAKM(オーストリア著作権協会)会員
2010年4月 オリジナル楽曲の[No More Party] [One More Party]
ピアノソロスコアをミュージック・ベルズ社より出版
2012年12月 2台鍵盤のためのオリジナル楽曲[Fantasie]
ピアノスコアをミュージック・ベルズ社より出版
2012−2014年 グスタフ・マーラー音楽院のリトミック教授メンラート氏の元でジェンベコースを受講
2012−2015年 ウィーンミュージカル専門学校・サンライズ・スタジオ非常勤ピアニスト
2016年2月 2台鍵盤のためのオリジナル楽曲[Fantasie] 完全アレンジ版
ピアノスコアをミュージック・ベルズ社より出版
2016年2月 2台鍵盤(リード楽器)のためのオリジナル楽曲[S] 完全アレンジ版
ピアノスコアをミュージック・ベルズ社より出版
2016年12月 カメルーン出身女性歌手との共演で(ヤウンデ語オリジナル曲・ピアノとの即興演奏はオーストリア初)教育・女性省後援の女性イベントに出演
2017年3月 オーストリアでは初となるポーランドの国民的歌手アンナ・ヤンター(80年に飛行機墜落事故で死去)メモリアルコンサートにて主に音楽監督を務める
2013年〜 ドナウ島で毎年行われるヨーロッパ最大級のアフリカフェスティバルにウガンダ出身歌手のキーボーダー・アレンジャー・マニピュレーターとして毎年出演している
2017年〜 ウィーン市内の幼稚園にて幼児リトミック講師
2017年〜 ウィーンリーダーやオペレッタを中心とした定期コンサートの伴奏ピアニスト

これまでにハモンドオルガンを加藤ちづる、野田正純両氏に師事
ピアノを柳井修、武田宏子、芦田田鶴子、シュスラー・ミユキ各氏に師事
室内楽をクレメンス・トゥルトフ氏に師事
マスタークラス、プライベートレッスンをノエル・フローレス、アレキサンダー・イエンナー、 ローランド・バティック各氏に師事
ウィーンベーゼンドルファーマスターコースにてローランド・バティック氏に師事
グスタフ・マーラー音楽院にてジャズピアノをパウル・ウァバネク氏に師事

スウィング、バップジャズからラテン、ボサノバ、ファンク、フュージョン、ビッグバンドアレンジ、あらゆるジャンルのアンサンブル及び作曲法などを習得し、現在は自己のトリオ等で活動中。
心に残るメロディーだけでなくオリジナリティーあふれた作風、リズムや和声感には定評がある。

バンド活動は2010年日本ツアーhttp://spskato.com/shikisaijajam2010.htm
広島市より寄贈された平和記念碑のためのイベント、オーストリア・ジャパンデー(2010・2011・2012)など

ソロ名義での活動は、オーストリア政治家パーティー、結婚式典、ギャラリー演奏、アフリカイベント
ウィーン科学技術博物館におけるテスラコイルデモンストレーション、その他各種イベント、クラッシックコンサート、老人施設におけるコンサート、レコーディングなど。

オーストリア、ウィーン在住
フリーランスピアニスト、キーボーダー、作曲家、アレンジャー

『サユリカトウの作品は、とても分かりやすいメロディーにも関わらず複雑に入り組んだリズムと興味を起こさせるハーモニーを感じ聴き取る事ができる。この若き日本人は現代のジャズイディオムと母国の伝統的な音色・響きを独創的に見事融合させている。』
(プレステキストより)

Generic placeholder image

Contact

Here you can find contact information about this page.

Sayuri Kato (Vienna, Austria)
WEB: https://sayuri.spskato.com
Contact: Contact Information

Generic placeholder image